ホームヘルパーさんのお仕事は、大きく分けて二つあるんですよ

ホームヘルパーとして働くこと

一口に介護職と言っても、施設で働くか直接高齢者の自宅に行くかなどで仕事内容は大きく異なります。訪問介護やホームヘルパーと呼ばれる人のお仕事は、大きく分けて身体介護と生活援助とに分かれます。ホームヘルパーの仕事も、その家の人が申し込んだサービスがどちらかで二つに分かれることになります。共通しているのは、お手伝いさんとは全く違っているということです。お年寄りとのコミュニケーションや、安否確認も大事なお仕事です。

身体介護に含まれる仕事内容

身体介護は、お年寄りの体に直接触れることが多い仕事です。そのため、お年寄りに精神的なストレスや不安感を抱かせないようにしていきたいですね。お年寄りが日常生活を送るうえでの様々な動作をサポートします。トイレや入浴の介助や、身体や体を清潔に拭いてあげることや、病院などに行く場合は移動介助なども行います。特殊な知識やスキルが必要な糖尿病食などを作ることも実際に担当します。かなりたくさんの仕事があるんですね。

生活援助ってどこまでするの?

簡単に言うと、本人や家族ができない場合に家事の代行を行うことです。家事なら何でも行うというわけではなく、本人がその家で生活をするうえで必要なことだけをサポートします。その点で家政婦とは大きく異なっているのです。具体的な仕事ですが、お年寄りが寝る時に使用しているベッドメイクを行って快適に過ごせるようにしたり、掃除や洗濯などを行ったり、買い物などを代行します。薬を受け取りに行くことも生活援助の中に入っています。

介護の求人を横浜で探すと、メリットが多く理想の求人を見つける事が可能です。資格取得無料・無資格でもOK・高収入等、嬉しい情報が盛りだくさんです。