「額縁」がどのくらい重要か、気づいていますか?

普通の絵に、立派な額縁をつけたなら

上手でも下手でもない、何気ない絵画にたいそう立派な額縁をつけたとしましょう。すると、額縁がないときよりとっても価値のある絵に見えてきそうな気がしませんか?人間も同じだと思うのです。顔は絵、髪型は額縁。メイクに凝ったりケアをすることでも自分をより良く見せることが出来ますが、髪型効果はもっとすごいです。化粧をしていなかった中学生の頃を思い出して下さい。休み明けに髪型を変えてきたあの子がどんなにかわいくなっていたかを。

もちろん自分に合ったものを選んで!

単に好きな髪形をすればよいのではなくて、やはりいかに顔や雰囲気とマッチしているかが大事です。普段のメイクは?ファッションは?人からどんな風に見られている?など念頭に入れながら、美容師さんと相談しましょう。客観的に見てもらったほうが、ステキな自分に近づけます。美容師さんも自分の作品をステキに仕上げたいからですね。最初は違和感があるかもしれません。しかし次の日学校や会社へ行ってみて下さい。きっと好評を得ることができるはずです。

立派な額縁用意したから、後は適当でいいっしょ⇒駄目

サロンへ行って、ステキな髪型になりました。しかし、ステキな額縁というのは中の絵を引き立てることもできるが、みすぼらしく見せることも可能なのです。髪型がステキであればあるほど、手抜きの顔が目立ちます。ただ、顔を普通レベルにまで上げると逆に引き立ててくれます(普通以上にする技術があればなおよしですけど)。どんな美人でもすっぴんよりメイクしたほうが確実に美人に見えます。メイクが濃かろうが薄かろうが、その人の良さを引き出すようなメイクができれば、額縁がよりよく仕上げてくれるはずです。

結婚式、卒業式、七五三、販売促進など様々なイベント会場で、ヘアメイク派遣のスタッフが活躍しています。撮影現場にも派遣されています。キャバクラ嬢、ホストの要望にもこたえます。アーティスト募集中です。